4月 302008
 

AGP版Radeonにおいて最近のCatarystドライバを使うと不具合が発生する可能性があるそうです。
Hotfixが公開されているという情報を2chで得ました。(感謝感謝)

Radeon HD3850のAGP版を買ってからというもの、いろいろな設定でDVDを見てみたりハイデフ動画を見てみたりといった実験を行っていました。その中で、再生中にフリーズしたり突然再起動したりと訳のわからない動作をする場合がありました。

特に、

  • WinDVD9のソフトウェアレンダリングが非常に遅く、デュアルコアでもAll2HDを有効にするとまともに見れない
  • H.264等の高解像度動画の再生が追いつかない、出力をオーバーレイミキサにすると落ちる

という問題は非常に気になっていました。

しかし、このパッチを当てたところ上記の問題は一掃され、快適に。All2HDのヌルヌル感が楽しめています。AGP版使っている人で変な現象に困っている人は是非入れてみて下さい。

しかし・・・ドライバ置き場にリンクぐらい張ってくれって感じですね。致命的な問題すぎて唖然です。

 Posted by at 1:02 AM