アーカイブ

海外に留学生の相談窓口「留学生30万人計画」

チンパン福田の脳みそがプリンなのは周知の事実だが、こんな政策を黙って見てる取り巻きもまたプリンに違いない。ただでさえ無駄遣いが多くてどうしようもない財政状態なのに、30万人の留学生に莫大な金をつぎ込む。そして国内の雇用をさらに崩壊させる。

国賊どころの話じゃないよ。

 政府は29日午前、福田首相が提唱した「留学生30万人計画」の骨子を発表した。海外から日本に来る留学生を現在の約12万人から2020年をメドに30万人に増やすため、在外公館や大学の海外事務所など関係機関が協力して、日本への留学希望者のために一元的な相談窓口を海外に設置することなどを盛り込んだ。

 骨子を基に関係省庁が09年度の関連予算の概算要求を行い、計画の詳細について検討を進める。

 「留学生30万人計画」の策定は、福田首相が1月の施政方針演説で表明して以来、文部科学省を中心に、外務省や法務省など6省で検討を重ねてきた。政府が留学生の受け入れ計画を策定するのは、中曽根内閣(当時)が「留学生受け入れ10万人計画」を掲げた1983年以来、25年ぶりになる。

 骨子は、「日本留学への誘い」から、「卒業後の社会の受け入れ推進」までの5項目で構成。日本留学の魅力はどこにあるのかという日本の「ナショナル・ブランド」を確立することが重要と指摘。日本への留学希望者の一元的な相談窓口の設置は、英国が世界各国に「ブリティッシュ・カウンシル」を設け、英国留学セミナーなどを開催していることを参考にした。さらに、留学生活を円滑に進めるため、在留期間の更新申請など審査の簡素化や審査期間の短縮を掲げた。

 受け入れる大学側の態勢整備として、拠点になる国内の30大学を選定して支援するとともに、それらの大学では、英語のみのコースを大幅に増加して、日本語が出来なくても英語だけで学位の取得を可能にする。

 卒業後の日本での就職を支援するため、就職活動の期間中は在留期間の延長を検討する。

 同計画の策定は、海外の優秀な人材を獲得して日本の国際競争力を高めていくことを狙ったものだが、日本への留学生の総数は、ピークに達した05年の12万1812人から頭打ちの状態が続いている。背景には卒業後に日本の研究機関や企業へ就職できる環境が整っていないことが指摘されており、計画の実現のためには、企業の協力がカギを握ることになりそうだ。

2008年7月29日  読売新聞)

日本の学生から優秀な30万人探すのだって難しいってのに、優秀な留学生を30万人!どうやってそんなの連れてくるんだよ。有象無象が集まるだけだと思うんだが。特にあんな国とかあんな国とか・・・orz

国内の大卒でさえ就職に四苦八苦して非正規に大量に流れているようなこの状況下で留学生の就職支援!
優秀な筈の博士課程卒業者の25%が無職といわれている状況下で留学生の就職支援!
単純労働力が欲しいってはっきり言えよ。

745 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/07/30(水) 00:16:21 ID:FzJr7Jr00

中国からの留学生への待遇

1)奨学金/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円)
7)医療費補助/実費の80%
上記 1)+2)+3)+4)+5)=380万円!年に380万円。 しかも返還不要。

*** 以下資料 *******************************
大使館推薦による日本政府奨学金募集要項
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/08031212/001.pdf

入学検定料、入学金、授業料は日本持ち
宿舎は日本が用意
奨学金(生活費?)として月額134,000円支給(返還義務なし)
往復航空券支給 国費留学生制度の詳細
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/007/030101/3-2.htm

平成19年度外国人留学生在籍状況調査結果
http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data07.html

留学生数(平成18年5月1日現在の数)中国 74,292人 63.0% 韓国 15,974人 13.5%

完全に税金の無駄遣い。