10月 252009
 

さて・・・連日睡眠時間を削りに削られてプレイしていましたシュタインズ・ゲート。
まゆしぃエンド、紅莉栖エンドを経て、とうとうトゥルーエンディングを迎えました。

体験版をプレイした人が感じたであろう「凄い結末を迎えるかも」という期待は裏切ることなく、私が途中まで何となく想像していた結末を完全に裏切ってラストに至りました。このラストの作りは異常と言わざる得ない!!

最終章に突入する演出はハッとさせられましたし、エンディングは完全にボロ泣きです。
神ゲーだ!と安易に言うのは気が進まないのですが、今回は躊躇無く言おう!

神ゲーだ!!!

流石5pb.イケメン社長、志倉千代丸さんが長い間暖めていたネタと言うだけのことはありました。そのネタから伏線バリバリの膨大なテキストを完璧なまでに練り上げた林直孝さんにも感服です。 阿保剛さんの音楽もシステムも秀逸で総合点95点は堅いだろ常考。

(唯一、いとうかなこさんの「technovision」の使いどころが気になったけれど)

そのせいでクリア後の喪失感がハンパ無いのです・・・。
実績コンプのためにゆっくりと回ってきますかね・・・。
そして、その後は並んで神ゲーと言われる「Ever17」のPSP版でも買ってこようか・・・。

(「Ever17」の音楽もシュタゲと同じく阿保剛さんだそうですし)

28日にはOP/EDのシングルCDが発売されるけれど、当然ポスター付きを予約済みです。
特にOPは容赦ない程にS;Gの世界を表現しているため、プレイ後に聞くと身震いがするというおまけ付き。どこまで完璧なんだ一体(笑)

———-

09102500.jpg

ヤフオクを見たらまゆしぃ☆のテレカが凄いことになってたよ?。まゆしぃは驚いちゃったのです。

第二波来るのかな?

 Posted by at 8:17 PM
10月 242009
 

先日のトレジャーフェスタで行われていたチャリティーオークション、私の大好きなPOP先生のイラストが出品されていると聞いて実は参加していたのです。1日のうちで計3回行われる入札のうち2回だけ入札して現地を後にし、一緒にイベントに行った高校の友達連中で秋葉原をうろついていたのですが、17時頃になって「あなたが落札しました」の電話が来てびっくり。

それが今日届きました。落札価格は8,750円。
金欠だと言って当日ガレキを1個も買ってないのに結局お金使ってるし!w

チャリティーだから・・・ね。

09102400.JPG

トレフェスのイメージキャラクターとなった「たると」と東方祭から「霊夢」が描かれてます。
カタログの表紙と同じですが、POP先生のサインとあーくんらしき怪しい陰が!

しかし・・・縦が1m近くあるので凄い事になっておりますw

 Posted by at 9:47 PM
10月 232009
 

先日受けてきた人間ドックの結果、便潜血で引っかかってしまったので今日は有給を使って追検査の大腸内視鏡検査を受けてきました。

09102300.jpg09102301.jpg

午後15時から検査なのに何故全休になってしまうのかと言えば、朝から大量の下剤を飲むからなんですね・・・。
総量1.8リットルのスポーツ飲料風味の下剤w 2時間かけて飲むとはいえ正直飲み飽きます。

———-

実際の内視鏡検査は違和感はありますがそれほど痛いというわけではありません。
しかし検査中に大腸を拡張するために空気を大量に入れるため、検査が終わるとお腹がパンパンになっている。検査が終わったらすぐガス抜きをしないと苦しくてたまりません。

トイレで四苦八苦した結果、スカンクがおならをするような体勢、こまわり君(古い)の”死刑”ポーズが非常にガスを抜きやすかった感じ。
追検査する人がほとんど居なかったせいか、センターの風呂場にもトイレにも誰もいなかったので思う存分ガス抜いてきました(;´Д`)

検査の結果、盲腸の脇に極小ポリープを1個発見しましたが潜血に結びつくような代物ではないとのことで経過観察扱いに。やっぱり潜血の原因は切れ痔による便”鮮血”だったと言うことだな・・・。

 Posted by at 10:54 PM
10月 222009
 

オカリン独白のプロローグから初回エンドまでが30時間弱でした。しかし、章を進むに従っての各ルート散策は2?4時間程度に収まり、平日夜間プレイとの相性は抜群です。そうは言っても23時頃からまったりとプレイすると3時を回らないと大抵エンディングまで到達しないのですが。

表題のるかルートは「なるほど・・・」という感じでした。過去を歪ませてしまった”男の娘”の願いの真相は、確かにここまでプレイしてくれば察することは出来たはず。ただ、真っ正面から来られるとは予想してませんでしたw

しかし、そういった事を予想していなかったオカリンの困惑っぷりが愉快でルート前半は大笑い。後半はすとーんとやられますが(;´Д`)
最後にアレ持って来るのは反則でしょ・・・三十路のおっさんが泣いてしまいますから。

願わくは2人の楽しい時間がもっと長かったら・・・。しかしそれもまた罪の重さが増すだけなのか。

(今日の一言)
かわいいは正義、に全面同意

 Posted by at 6:35 AM
10月 212009
 

(ネタバレの可能性もあるためプレイ予定の人は回避をw)

昨日の鈴羽ルートクリアを経て、また最初からプレイ開始。

カオヘ(CHAOS; HEAD NOAR)の時の既読スキップは遅く非常に厄介な代物であったが、今回シュタゲに実装されたものは非常に高速で快適だ。所々メール・電話で扱う話題を変えた事により前回と異なる世界線を辿る事もあったけれど、その誤差は世界線変動率(ダイバージェンス)メーターには影響しない程度のもので実質フラグ回収でした。そのままトントン拍子で6章へ。

鈴羽ルートに再突入するハプニングを超えて、7章に突入。なるほど、これは見るからにフェイリスルート突入フラグである。
こういうパターンを踏んでくれるならばTrueEND回避は余裕だな!

さて、そんなわけで無事フェイリスルートをクリア。なるほど・・・これはこれで一つのハッピーエンドなのかもしれない。
7章への橋渡し要素がメインで謎は多くは無い感じ。鈴羽ルート同様ホロッとさせられる場面のあるルートであった。

世界変動率メーターの表示が見たことの無い表示になったことは、やはりβ世界線への移行に成功したと言うことなのだろうか。
この謎も今後のルートで明らかになるのだろう。先が楽しみである。

(今日の一言)
ネコミミ取ったフェイリスたんは反則だろ常考

 Posted by at 7:08 AM