9月 172008
 

MovableType4.21が出荷されてから1ヶ月近くが経ち、特に問題が無さそうだったので4.2RC2からアップしました。MT3の頃のバージョンアップは結構スリリングな作業だった覚えがありますが、今は現行のファイルに上書きしてmt.cgiに再アクセスするだけ。楽ちんです。

バージョンアップした後で完全再構築を掛けてみると、途中でエラーが発生して止まってしまった。エラー内容を見ると「MTCommentReplyLink」というタグが解釈できないというような内容。ググってみると日本語のページは見あたらなかったものの、英語のサイトで「MTCommentReplyLink」を「MTCommentReplyToLink」に書き換えればいいような記事を発見した。

 早速書き換えて再度再構築したら無事通りました。古いテンプレートだったのでしょうかね。

以下のウィジェットモジュールに関してモジュールキャッシュを有効にしたら完全再構築が21分から7分半に短縮されました。

  • カテゴリーアーカイブ
  • 月別アーカイブ
  • 最近のコメント

再構築の重さがネックだったMovableTypeもどんどん進化していますね。

6月 172008
 

どうもMovableTypeが4.2で大々的な変更をするとか言う話。テンプレートがぐちゃぐちゃなまま無理矢理MT4に乗り換えた経緯があるので、今回のアップデートはまともに耐えきれる気がしない。
・・・と言うわけで暇なうちにMT4に乗り換えておくことにしました。

とりあえず以下のような行程にて。

  1. MT4.01環境でエクスポート
  2. ルートからディレクトリ全部まっさらにして、MT4.2ベータを再インストール
  3. ユーザも作り直してインポート
  4. 画像フォルダは元の位置にコピー
  5. 個別エントリのファイルネームを「%y/%m/%d-%h%n.html」に変更
  6. StyleCatcherで適当にスタイルを選択
  7. 再構築

個別アーカイブのパーマリンクは絶対に変更したくなかったので、前からこうしていました。よって問題なし。
月別アーカイブは標準のままなので問題なし。
しかし・・・カテゴリアーカイブはカテゴリIDを使って命名したせいで、カテゴリ再構築で対応関係が完全に崩壊。現状は標準設定にしてありますが、これもまた気持ち悪いのでそのうち対策を講じることにします。

そして、カウンタとして導入していた dopvSTAR* も、エントリIDが変更になったために対応が完全に崩壊www
とりあえず再導入の目処は立っていません。カウンタ・・・別にいらねーかw

色々とウィジットいじってた分も無くなってしまったのでまた作り直しだ・・・。ふぅ。
結構大変です。

 Posted by at 1:43 AM
6月 292007
 

ここ最近、BlogWriteで記事を投稿すると途中で以下のようなエラーが出て半端に投稿される問題に見舞われていた。

ブログの情報を取得中に、キャンセルされたかエラーが起きました。[XML-RPC]

エントリが増えて再構築の時間が増え、タイムアウトに達しているのだと思った私は鯖のパワーアップを実行。
確かに再構築時間は短縮したが、エラーは依然として出続けた。

最終的にダイナミック・パブリッシングまで導入して完全再構築でも30秒ちょっとで終わるレベルにまで持って行ったが、それでもエラーが起こる状況は変わらない。MovableTypeとBlogWriteの相性問題なのかと思い検索してみたら意外な結論に至る。

また、「BlogWrite」での投稿中の例外発生ダイアログの異常につては、「Movable Type」側の更新ping設定とトラックバック自動検知の設定と「BlogWrite」での更新pingが重複していた為
リンク数とその先のサーバーの重さ等も関わって、非常に時間がかかりこれにより時間切れ(タイムアウト)が起きてしまっていたようです。
このような事から、「Movable Type」側の更新ping設定とトラックバック自動検知の設定を解除してテスト投稿したところ異常なく投稿できました。
(参考記事:http://www.witha.jp/forum/patio.cgi?mode=past&no=41)
更新pingは、「BlogWrite」側で設定。まぁとりあえず本日解決したころなのでこれでしばらく様子をみようと思います。

BlogWrite側でping打ってるんだから、MovableType側では設定は必要なかったということですね。
その上、MovableTypeで設定されていたping送信先の中に到達不可能なものが混じってそうな雰囲気。これじゃタイムアウトもするわ・・・。

早速設定を切って投稿してみたら10秒もせず投稿が終わりましたとさ。
新鯖立てた意味は一体・・・(滝汗)

 Posted by at 3:33 AM
6月 212007
 

Fedora Core 6のサーバ構築を少しずつ進めています。
とりあえず構築メモを備忘録として残しておくことにします。

MovableTypeのmt-check.cgiで要求されるPerlモジュールのうち大半はyumで入ってしまいます。

  • perl-HTML-Template
  • perl-Image-Size
  • perl-Crypt-DSA
  • perl-DBD-SQLite
  • perl-DBD-SQLite2
  • ImageMagick-perl

yumでインストールできないものはcpanから入れます。

ただし、XML::Atomをcpanで入れようとすると依存関係によりXML::LibXMLのインストールを試みますがテストでエラーになります。そのため、前もってperl-XML-LibXMLをyumでインストールしておきましょう。

参考:Fedora Core6へのMovableTypeのインストール (blog@browncat.org)

 Posted by at 12:34 AM
4月 242007
 

MovableType幼稚園 blight-blue 標準真っ白画面に青文字のSimpleStyleをしばらく使っていましたが、たまには他のスタイルに変えてみるのも楽しい。
3.2より前のMovableTypeは自分でCSSを改造してスタイルを適用してやる必要があったけど、StyleCatcherプラグインが実装されてからはボタンをポンポン押すだけで色んなスタイルを適用できる。これは大きな進歩だったように思います。

さて、今回はMovableType幼稚園さんからblight-blueスタイルを選んでみました。
色がちょっと原色過ぎてあれだけど、他のバランスは結構良い感じです。

これをベースにして色を調整してみるのも良いかも。しばらくこれで行こうと思います。

 Posted by at 2:36 AM