サイト運営」カテゴリーアーカイブ

自宅サーバ試練の時

(大人の事情により曖昧な内容でお送りします)

先週の金曜日の夜中、高校の後輩から突如メッセで入電があった。聞けば緊急でお願いがあるという。
詳しく話を聞いてみると、借りたレンタルサーバにとあるファイルをアップしてみんなに落として貰っていたらサーバが処理しきれずに503エラーが多発してしまい、困っているというのだ。

大人の事情で詳細を省くが、結論としてはその対策としてうちの自宅サーバを使わせて貰いたいという話だった。
一般のレンタルサーバが落ちる程の規模って一体どんな状況やら・・・と一抹の不安を覚えながらも、手を貸さない訳にもいかなそうなので快く承諾し、サブドメインを設定しWeb領域を貸し出すこととなった。

その結果、朝5時まで作業にかかり、代勤だったはずが起きられもせず10時に会社に「半休です・・・」と電話する羽目に。

・・・という内容はどうでも良くて、問題なのはそのアクセスの量と転送量。

1日弱分の通信ログ

転送量を鯖内でロギングしてみたらロガーが過負荷でCPU食いまくっていた(;´Д`)
ファイル自体は30MB程度なものの、アクセスがひっきりなしに来るので常に帯域を食っている感じ。
光回線でアップ10MB/s近く出るので何とかさばけているけど、低速回線だったらプロセス数超過で鯖落ちしかねん。

1日弱でアップロード25GBっすからね。そりゃ普通のレン鯖じゃアク禁の可能性もあるだろう。
そんなわけで代替案を決めていただけないまま、鯖を貸し続けております・・・。

T-Banana借りれば?(高すぎ)

ドメインの更新忘れてたわ・・・

アクセスログを見ていたら7/31の23時55分を最後にぱったりと外部からのアクセスが無くなっていることに気づいた。ネタが溜まっている割に更新していないからといってアクセスが一気になくなるのはいくら何でもおかしい・・・。

外部からのWWWアクセスが有効かどうか外部インタフェースを使ってテストをしてみたら、エラーが発生。digコマンドを使って会社のDNSにayame.jpドメインについての問い合わせを投げてみたらjp以降検索に失敗している・・・。

しばらく考えて思い出した。ayame.jpドメインの契約期限が過ぎていたことを・・・。

早速ジャパンレジストリさんにアクセスしてドメインの状態を確認すると、Suspendedなだけで更新可能だった。
どうやら更新に問題があった場合などのことを考慮して「ドメイン廃止取り下げ」というシステムがあるらしい。JPRSが認めた場合のみとのことですが・・・。汎用JPドメイン解禁から相当経ってから取得したようなドメインなので欲しい人は居ないとは思いますけど。

その廃止取り下げのために3,000円余分に取られましたけど、ドメイン廃止に比べたら安いものです(;´Д`)

SS-LAB.COMドメイン移転+メールサーバ本格稼働

2001年8月24日(奇遇にも私の誕生日)に取得してTOS-ii-KOOさんでずっと利用していたSS-LAB.COMドメインをとうとう自宅鯖に移転しました。自宅鯖への切り替えを志してから2年ばかり経ったような感じがします。

vpopmailの導入でマルチドメインでのメール配信の準備は出来ていたものの、何故かSMTPでアクセスすると蹴られた。nmapで確認するとポート25はlistenだったものの、qmailのプロセスリスト出したらqmail-smtpdが動いていない。・・・もしやと思って調べてみたらsendmailがインストールされたままでした!残念!!!
sendmail消して再起動かけたら当然のことながら普通に動きましたとさ。

AYAME.JP向けのネームサーバがns1.ayame.jpからns2.ayame.jpに変更になったのと、SS-LAB.COMドメインのネームサーバ総入れ替えのためにレジストラさんのページでDNSの設定。JPドメインを管理しているJPRSに対する更新は15分ほどで行われるというから凄い。COMドメインなんか72時間かかるとか言ってますよ・・・。

この移行期間にどっちのサーバにメールが届くのか?という微妙な問題があるけども、明日の夕方頃には日本国内からのアクセスならうちの自宅鯖に来るだろうと思う。そうすれば母親からメールが来るの来ないのと文句を言われることもあるまい!!!

ブログツールで投稿するとタイムアウトする問題

ここ最近、BlogWriteで記事を投稿すると途中で以下のようなエラーが出て半端に投稿される問題に見舞われていた。

ブログの情報を取得中に、キャンセルされたかエラーが起きました。[XML-RPC]

エントリが増えて再構築の時間が増え、タイムアウトに達しているのだと思った私は鯖のパワーアップを実行。
確かに再構築時間は短縮したが、エラーは依然として出続けた。

最終的にダイナミック・パブリッシングまで導入して完全再構築でも30秒ちょっとで終わるレベルにまで持って行ったが、それでもエラーが起こる状況は変わらない。MovableTypeとBlogWriteの相性問題なのかと思い検索してみたら意外な結論に至る。

また、「BlogWrite」での投稿中の例外発生ダイアログの異常につては、「Movable Type」側の更新ping設定とトラックバック自動検知の設定と「BlogWrite」での更新pingが重複していた為
リンク数とその先のサーバーの重さ等も関わって、非常に時間がかかりこれにより時間切れ(タイムアウト)が起きてしまっていたようです。
このような事から、「Movable Type」側の更新ping設定とトラックバック自動検知の設定を解除してテスト投稿したところ異常なく投稿できました。
(参考記事:http://www.witha.jp/forum/patio.cgi?mode=past&no=41)
更新pingは、「BlogWrite」側で設定。まぁとりあえず本日解決したころなのでこれでしばらく様子をみようと思います。

BlogWrite側でping打ってるんだから、MovableType側では設定は必要なかったということですね。
その上、MovableTypeで設定されていたping送信先の中に到達不可能なものが混じってそうな雰囲気。これじゃタイムアウトもするわ・・・。

早速設定を切って投稿してみたら10秒もせず投稿が終わりましたとさ。
新鯖立てた意味は一体・・・(滝汗)

ウェブサーバ移転完了?

帰ってから、早速我が家のネットの要MN8300のNAT設定画面を開く。
どう見ても設定は合っているし、再起動しても新しいNAT設定が適用されないのは変わらない。

2時間ばかり同じような操作を繰り返したが状況は変わらず、埒があかないので「NATモード」で設定するのを止めて「GapNATモード」に切り替えて設定をやり直してみた。実際DMZを利用しないので、内容は何も変わらないのだが・・・。

しかし状況は好転。NATテーブルを見ると外部からのPort80アクセスが新鯖に届いている。試しにWILLCOM携帯からアクセスしてみたら確かに新鯖。昨日もコレで確認すれば良かったんだな・・・(つД`)

コレはMN8300のバグなのか何なのか・・・。まあいいけど。
ssblog以外のサブドメインのページの移転もやらないとな。

試しに作ってみたあぷろだ。速いそうなのでお好きにどうぞw
http://up01.ayame.jp/up/