1月 292012
 

【撮影環境】
カメラ:SONY α55
レンズ:SONY DT16-50mm F2.8 SSM(SAL1650)
現像: SILKYPIX Developer Studio Pro 5

ラーメンを食べたらそのままスカイツリーまで散歩。家からスカイツリーまでの直線距離は約1.2kmで散歩にはピッタリ。大学の同期と一緒に来たのも含めてかれこれ3回くらいは見物に来てます。5月開業に向けて最終調整をしている頃でしょうか。

吾妻橋2丁目付近からのスカイツリー

なるべく通ったことの無い道を歩いてツリーへ向かいます。ツリーが出来たとは言っても周辺の様子はまださほど変わった感じはありません。

吾妻橋3丁目付近の橋から浅草方向

第一展望台(350m)と第二展望台(400m)がそれぞれ2,000円、1,000円だそうで、一番上まで行くには合計3,000円かかります。
東京タワーが800円+620円=1,420円であることを考えると、かなり強気の設定ですね~。私のような独り身ならともかく、家族連れで来るとお財布に結構ダメージが来そうです。

吾妻橋3丁目付近からスカイツリー展望台めがけて

現在の「業平橋駅」をリニューアルして「とうきょうスカイツリー駅」にするそうです。はじめどこに新駅が出来るのだろうと思っていましたが、こんなに近い所に駅があるのだから流石に無駄にはしませんよね・・・。

リニューアル工事中の業平橋駅

おしなり商店街を歩いていると、墨田区のアルバイトの人が道行く人にアンケートをしていました。どんな目的で来たのか、どの位の頻度で来るのか、商店街で飲食やお土産を買ったりするのかなどなど・・・。
地域振興もあって誘致したテレビ塔ですから墨田区も気が気では無いのでしょう。しかし浅草という観光スポットに対抗出来るだけの滞在時間を稼ぐことが出来るのか。この辺は結構工夫しないと難しい気もしますね。一定のテーマを持って雰囲気付けをしないと単なる商店の集まりになってしまいますので。

お煎餅やさんの女将さんは「商店街の人に展望台の入場券くらい配ってくれても良いのにねぇ」とぼやいていました。
その辺も考慮してあげて下さい、墨田区さん。

なかなかこのレンズ隅までかなりピシッと撮してくれて良いですね。スカイツリーの構造部も細かに描写してくれています。広角側での歪みは気になりますが、絞りの加減を見ながらうまく使っていきたいところです。

1月 282012
 

昨年末の忘年会、写真を撮っていた際に手を滑らせてα55を床に落としてしまった。1mほどの高さから落としたので全てぶっ壊れたと確信し悲しみに暮れていましたが、帰って調べてみるとセットレンズ(SAL1855)とフィルタがクッションになったお陰でボディは無事。九死に一生を得た感じでした。
もう片方の手に持っていたフラッシュ(HVL-F58AM)も6万するしほんと運が良かった。

その壊れたSAL1855もソニーストアの5年間マルチ保証のおかげで無償修理を受けることが出来、先日新品のようになって帰ってきた。良く考えてみれば凄く手厚い保証なんじゃないかこれ。

壊れたSAL1855

そんな訳で実際の所「標準レンズが無くなってしまったどうしよう」というような窮地に立たされることは無かったのですが、昨年1本もレンズを買わなかった反動もあって買ってしまいました。昨年12月に発売されたDT16-50mm F2.8 SSM(SAL1650)、実はこれα77のセットレンズなのです。

SONY DT16-50mm F2.8 SSM

セットレンズより気合いを入れたい時に使っているA09は広角側28mmという事から室内撮影ではいまひとつ。1つ上の標準レンズは前から欲しいと思っていた。SAL1680Zの解像感はとても魅力だけど、SAL1650のF2.8通しの方が室内撮影の機会の方が多い自分には合っているに違いない。SAL1635Zなんて買えませんしね!!!

これなら、α77になっても釣り合いが取れるだろう(買わないくせに)
しばらく主力で使っていこうと思います。

5月 232010
 

ここ最近はフィギュアイベントでの写真をα350をメインとした構成で回していたけれど、何かビシビシ来る感覚が無く、たるんだ感じが続いていた。過去の写真を見返してみるとαSweet Digitalの頃が良かったとは一概に言い切れないのだが、及第点と思えるボーダーを下げざる得なくなった感がある。

総合的に見てαSDに比べてα350は暗い場所での撮影に弱い気がする。αSDの頃はシャッタースピード確保のために露出を1段以上落として撮影なんて面倒なことはしなかったし、AFで苦労すると言うこともそれほど無かった。
α350がα300よりも高感度ノイズが出るという噂も有るように、α350での画素数の増加がノイズを生んでいるのか。ISO800だと少々気になってくるのもちょっと不便である。

そしてαSDを修理するかどうかという話がまたループ・・・と思った矢先、ヤフオクでα-7 Digitalの中古を3万円即決で発見してしまった。

オークションページ発見から即決落札まではわずか30分。相変わらず衝動買いが酷いw

そして昨日現物が届いた。

ボディのおまけとして「MINOLTA AF 75-300mm 4.5-5.6」「SIGMA 28-80mm 3.5-5.6  MACRO」が付いていた。これらのレンズの実売をさっ引くと、本体は実質2万5千円ちょっと位になる。どう考えても破格です。

これまでの2機種に比べるとやはり手にずしっと来る。とはいえ、嫌になる重さでもない。多くの設定がダイヤルで切り替えられる点や、モーメンタリでMFに切り替えられるボタンがかなり嬉しい。なんだかんだいって現場ではMFで合わせる場面があるので。

α-7 Digital+SONY 50mm F2.8 Macro(ISO400 1/10 F9.0)

先週届いたアルターさんのメルセデス撮ってみました。
手持ちで1/10で撮るのはどうなんだという話ですが、αSDの頃は結構行けちゃったんですよ。α350だと露出を1段強くらい落としてシャッタースピードを稼ぎますが、それでもF9.0なんかで撮れません。何が違うのでしょうねぇ?。

もうちょっとα-7Dで色々遊んでみたいと思います。

10月 122009
 

3連中は体たらくで終了するはずが、日曜になってY-Take氏から入電。
全くノーマークだったイベント「トレジャーフェスタ in 有明2」に行ってきました。

今回はどどっと紹介するに留めます。

フィギュアの写真については撮影許可は頂きましたが掲載許可を頂いては居ません。
転載等は行いませんようお願い致します。また、掲載に問題がありましたらご連絡お願い致します。

【撮影環境】
カメラ:SONY α350
レンズ:SONY 50mm F2.8 Macro SAL50M28
その他:すべてフラッシュ無し、現像時に色々と補正
現像: Image Data Converter SR Ver. 3

アンダー設定で臨んだのは良かったのですが、ISOの設定が400だったのが痛かった。
何となくすっきりしない感じがします。

↓↓↓続きは追記でどうぞ↓↓↓

Continue reading » «トレジャーフェスタ in 有明2 へ行ってきました!»

4月 062009
 

土曜日の夜中に突然まくら氏から電話があり、都内で飲み会があった関係で新宿に泊まっているので明日花見に行こうと誘われた。
ちょうど土曜日は天気もあまり優れず、花見に出掛ける事はなかったので丁度良かった。

そんな訳でまくら氏と共に1日かけて都内の桜の名所を巡って参りました。

【撮影環境】
カメラ:SONY α350
レンズ:TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (通称A09)
その他:すべてフラッシュ無し、現像時に色々と補正
現像:Image Data Converter SR

全画像、幅1920pixelの大判画像にリンクしてます。

《江戸東京博物館》

単に家から両国へ移動中に撮った物ですw

09040600.jpg

《代々木公園》

密集度はそれほど高くないけれど、かなり広さがあるので花見の宴会をするには適していると思った。

09040601.jpg

09040602.jpg

《新宿御苑》

アルコール持ち込み禁止な筈なのに、あちこちに一升瓶を抱えたおっさんが。

09040603.jpg

09040604.jpg

09040605.jpg

09040606.jpg

09040607.jpg

《千鳥ヶ淵》

流石超有名な桜の名所。人が多すぎて撮影スポットに立っているだけで通行の邪魔になります。

09040608.jpg

09040609.jpg

09040610.jpg

ボート乗り場には行列が出来ていて、1時間半待ちとのこと。

09040611.jpg

《上野公園》

時間帯が夕方近くなったのもあってか宴会客が一番多かったのはこの上野公園。
屋台の出ている橋の上などは身動きが出来なくなるほどの大混雑でした。

09040612.jpg

09040613.jpg

———-

雲が出ているせいでちょっといまいちな感じ。
被写体の暗さと雲の明るさの差を現像で補正しきれません。

あとはマクロっぽく撮るとピントが合っているのですが、遠景ほどなんかボケ気味な感じ。
なかなかうまくいきませんなぁ?。