1月 292012
 

最近寒い日が続いていて、今日も風が強くて一段と寒かった。正直な話家でぬくぬくしているのが一番楽なのだけどぐーたらにも程があるので買い物ついでにカメラ持って出掛けたのである。

もうすぐ浅草通りというところで1件の中華料理屋があったので、そこでお昼。

Aセットが「ラーメン・餃子・半ライス」で850円、Bセットが「味噌ラーメン・餃子・半ライス」で900円でした。醤油ラーメンの気分では無かったので味噌ラーメンのBセットを注文。

この味噌ラーメン、あれです。お味噌汁。お味噌汁にちょっと中華ダシ入れて麺放り込んだような感じ。麺もかなり柔らかめで全体的に消化の良さそうなラーメンとなっています。このラーメンなら毎日食べても健康を害さない気がしますが、「ラーメン食ったぁ!」という気分と少し遠いので別格として扱うことにします。
餃子もあっさり素朴な味わいで何個でも食べられそうです。

ネットで見てみるとここのタンメン愛好者が居るらしい。今度来ることがあれば是非タンメンを食べてみたい。

4月 222009
 

ヨドバシAKIBAでPHSを機種変更した際に待ち時間が出来たので、上のレストラン街の一番手軽そうな店、ちゃぶ屋のフランチャイズ店CHABUTONに入りました。

ちゃぶ屋流味玉とんこつらぁ麺classic(850円)
ちゃぶ屋流味玉とんこつらぁ麺classic(850円)

店内に置いてある但し書きやらビラやらを見て相当にこだわってるんだろうなと期待していましたが、食べてみて一気にがっくり。一言で表せは「らーめん花月かよ!!!」って感じです。

総じて味が死んでる。今そこで生まれたラーメンの味がしない。
お店の端っこを見れば「CBチャーシュー2 賞味期限2011年○月」と書かれたダンボールが置いてある。そりゃ生きた味がしないのは当然ですわな。

ラーメン王だろうがなんだろうが、フランチャイズの宿命はどうにもならない。やるだけ最初の熱意とは裏腹のラーメンが出来上がる。ちゃぶ屋本店のラーメンとは違っても、これ食べちゃったらちゃぶ屋に期待できなくなってしまうよ。

ああ残念。850円返して。

 Posted by at 11:34 PM
3月 022009
 

週末にスキーに行き、その予備日として今日はお休み。家から歩いて5分の所にあるのに行きそびれていたラーメン屋、おだ亭に出向きました。

12時45分頃に入店した時点で先客1名。なにやらそのお客と店の親父さんが喋っているので知り合いなのかと思って聞いていたがどうやらそうでもないらしい。

「おだ亭ラーメンと餃子ください」と注文したところ、「そんなに食べられないよ。この店おだ亭ってんだけど、その名前のついたラーメンだから量も多いよ!まずラーメンを食べてみて足りなそうだったら半ライス、コレがお勧めだよ」とアドバイスされた。餃子が切れているのだろうかw
ここは初回の入店ということで親父さんのアドバイス通りに注文。

おだ亭ラーメン(おだ亭)
おだ亭ラーメン(900円)+半ライス(100円)

ラーメンが出てくるのを待っている間に先客は帰り、親父さんのマシンガントークは私の方にシフト。
「お客さん初めて?」と聞かれ頷くと、自慢の手打ち麺を肘で潰してみる様に言われる。「ほら、ちぎれないでしょ。100層くらいになるまで折りたたんでる証拠だよ!1回で20食しか作れないんだ。利益なんて無いよ!」

そんなお店の内情から始まって、昨今の経済状況の話、医療機器の話、高齢化の話・・・ラーメンが出来上がってもなお話は続く。
59年ずっとこの地でラーメンを打っているという話も聞いた。暖簾分け、店舗拡大とすぐに利益に走る傾向のあるラーメン業界、そんな中で一途に自分の目指すラーメンを作り続ける姿勢、他の店も是非見習っていただきたいものです。

ラーメンは手打ち麺独特の透明感のある麺で、切った後で揉むことで良い感じの縮れ麺になっている。スープは魚介、肉、野菜のバランスが良く、特に野菜の甘みが引き出されているためやさしい味に仕上がっている。化調らしいくどさは感じられない。何となく大船の来来軒のスープを思い出した。
上の野菜炒めも結構甘めの味付けではあるが、ご飯をモリモリ食べられる。甘みがスープと調和するためかラーメンと一緒に食べても違和感なくおいしい。

もうちょっと早ければ本日のランチの半チャンラーメンが注文出来たらしい。チャーハンもお勧めだというので次回はチャーハンを(も?)頼んでみたいと思う。
遠くから食べに来るお客も多い上、麺の数が限定なため営業時間も短いのでうかうかしていると食べ損ねる。是非ピンポイントで開店時間を狙って食べに来て。(自分は土曜ならいくらでも時間が合わせられるけどw)

6月 212008
 

(2008/06/20 実食)

前前職の職場の皆さん+OBでの飲み会の後、カラオケという案も出たのですがラーメン食って帰ることになった。
で、目の前にあった陳麻家というお店へ。ここラーメン屋じゃねえ!ww

担々麺(680円)
担々麺<中>(680円)

すごーい無難な感じの味。ゴマの風味は少々前に出てくる物の、ベーススープの風味はあまり感じない。辛みは確かにあるけど味が崩壊するほど辛いわけでもない。
麺はちょっと柔らかめの九州ラーメンのような感じでした。

まさに無難!!!色んな意味でチェーン店らしい感じ。
飲んで食った後の締めには良いかもね。

 Posted by at 4:26 PM
6月 212008
 

(2008/06/20 実食)

用事の合間を縫って、つい二郎に行ってしまう私は病気かも。

今日は以前行きそびれた京急川崎店。お昼12時ちょい前に到着して行列は5人。・・・会社員じゃないとすると俺と同じ立場なのか・・・?と勘ぐってみる。

小ラーメン 小ブタ(700円)
小ラーメン 小ブタ(700円)<ヤサイ カラメ>

スープは非常にあっさりしている。脂は浮いているものの、全く乳化していない。それでもしっかり二郎のスープにな所が面白い。
麺は二郎の標準かちょっと細い感じ。量的にはもうちょっと欲しい。ヤサイ増しにしたのもあるけど、最後は野菜とブタを食べてた感じだった。店頭で丼のサイズを参考にして下され。
ブタは脂身率が非常に低く、さらにかなり厚め。小ブタで4枚かな?十分なボリューム有りです。

いきなり小ブタにしておいてなんですが、個人的には大ラーメンのヤサイ増しがバランスとしては良いかな。
ブタ足さなくても多分十分楽しめるかと。

 Posted by at 3:22 PM