6月 242008
 

先週の金曜日、霞ヶ関ビルにあるリクルートエージェントへ行ってきた。とある企業に関しての紹介があった訳だが、それ以外にも紹介できる案件があるというので転職(就職?)相談という形になった。

霞ヶ関ビルもそれは結構な敷地面積を持ったビルだが、これを数フロアに渡って持っている。何とも豪勢である。
受付を済ますと個別ブース(これもそれなりに広々としている)に連れられ、担当のエージェントが部屋にやって来るという感じだ。

ひとまず現在の活動の状況と、自分の希望する企業の傾向について話をした。これまでの面接等での落選ポイントであったであろう点なども話した。人事専門の人だと技術に関しても話が通らないことも多いものの、担当のエージェントの方は流石技術系転職斡旋を専業にされているだけあって普通に話が出来る。これは確かに凄いかも知れない。

OB会で遅くなって終電を逃しネカフェで泊まって朝帰りしてみると、58件の案件がメールで届いていた。リクナビNEXTで掲載している案件とはデータベースが違いますので登録企業も違います、とは言われていたが、ここまで沢山の案件が出てくるのは驚きだ。ほとんどの案件は相談時の条件に即していたし。
現在のNEXTで気になるのが1,2社なのに、エージェントから貰った案件で良いなと思う企業は10社近くあった。隠れ求人と言うだけのことはあるなと感心してしまうのでした。

さて、そろそろ本気で行きますかね。(おせーよ)

 Posted by at 1:44 PM
6月 212008
 

(2008/06/20 実食)

前前職の職場の皆さん+OBでの飲み会の後、カラオケという案も出たのですがラーメン食って帰ることになった。
で、目の前にあった陳麻家というお店へ。ここラーメン屋じゃねえ!ww

担々麺(680円)
担々麺<中>(680円)

すごーい無難な感じの味。ゴマの風味は少々前に出てくる物の、ベーススープの風味はあまり感じない。辛みは確かにあるけど味が崩壊するほど辛いわけでもない。
麺はちょっと柔らかめの九州ラーメンのような感じでした。

まさに無難!!!色んな意味でチェーン店らしい感じ。
飲んで食った後の締めには良いかもね。

 Posted by at 4:26 PM
6月 212008
 

(2008/06/20 実食)

用事の合間を縫って、つい二郎に行ってしまう私は病気かも。

今日は以前行きそびれた京急川崎店。お昼12時ちょい前に到着して行列は5人。・・・会社員じゃないとすると俺と同じ立場なのか・・・?と勘ぐってみる。

小ラーメン 小ブタ(700円)
小ラーメン 小ブタ(700円)<ヤサイ カラメ>

スープは非常にあっさりしている。脂は浮いているものの、全く乳化していない。それでもしっかり二郎のスープにな所が面白い。
麺は二郎の標準かちょっと細い感じ。量的にはもうちょっと欲しい。ヤサイ増しにしたのもあるけど、最後は野菜とブタを食べてた感じだった。店頭で丼のサイズを参考にして下され。
ブタは脂身率が非常に低く、さらにかなり厚め。小ブタで4枚かな?十分なボリューム有りです。

いきなり小ブタにしておいてなんですが、個人的には大ラーメンのヤサイ増しがバランスとしては良いかな。
ブタ足さなくても多分十分楽しめるかと。

 Posted by at 3:22 PM
6月 192008
 

2chで何となく納得してしまう書き込みを発見した。

457 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/19(木) 13:16:14 ID:Y51fi+yP0

 何十年か昔、昭和20年代くらいまでは、男にとって結婚は「必要」だった。

家事は重労働で、飯を炊くのに1時間半も釜戸で火の番。洗濯は全部手洗い。
風呂だってマキを割って火を焚いて常時火加減。
料理だって全部手作り。スーパーで冷凍食品だの、惣菜だの、だし入り味噌だの売ってない。だしから作る。
あらゆる店は平日の昼間しか開いてないし、正月など街全体がシーンとしてしまったものだ。

今は違う。
1人暮らしは極めて快適。仕事しながら家事も楽勝。まさに「嫁いらず」の世の中。

性欲解消の為の恋愛はするけど、なんでわざわざ女の生活費まで「一生まる抱え」する必要がある?男にとって、結婚はなんのメリットもなくなってしまった。

だから、結婚したがらない男が増えている。

昔では普通の考え方だった「男は働いて稼ぐ、女は家を守る」。これはまさにプロの仕事の分担に他ならない。
上記レスで書かれているように、今は昔に比べれば確かに家事の負担は軽減されてきているかもしれない。しかし、子供を育てる上で母親の影響は大きいだろうし、何より出産した母親にホルモンバランスの変化が現れることからも女性が子育てを行う本能的な部分を持っていると考えて良いと思う。
料理に関しては母親からの伝承という儀式がほとんど行われなくなっていそうな現代ではプロといえるのかどうか疑問になっている気はする。放棄している女性もいるし。

女性の社会進出が叫ばれた時期と、へんてこな子供が増えた時期は重なるように思う。
鍵っ子という言葉もそうだが、子供の教育を学校に押しつけて働きに出てしまった。パートタイマーであればまだしも、正社員で働こう物なら夜遅くに帰ってきては子供にコンビニ弁当を食べさせるなんてことも起こる。就寝時間も当然遅くなるし、子供の宿題を見てあげることなど全く出来ない。
こんな生活に何の価値があるのだろうか。

「主婦は感謝されない職業だ」という言葉は良く聞く。父親が働いてくるのは当たり前だが、母親が家事をするのはボランティアだと主張するわけだ。だが、父親が感謝されたという話も聞かないし、小遣いなど雀の涙だろう(笑)
女性は一般的にシチュエーションを大切にする傾向があると言われており、物理的充足よりも思い出を大切にするらしい。「感謝されている」という感覚が日々の鋭気に繋がるのだからある意味では仕方がないのかも知れないが、一方的に感謝しろと言われる男としてはここを理解していないと「俺は何なんだ」と逆に思ってしまうのだろう。
ただ男がこの感謝を示さなければ、その物足りなさを外での仕事でのやりがいに求めてしまうのかも知れない。

男にしても女にしても、自分の役割として何が大切なのかを考える必要がある。
「女性の社会進出」を重視するなら晩婚化、ひいては独身率の上昇は歯止めがかからないように思う。昨今の派遣社員の問題ではないが、男としても頭の痛い時代に来ているのも原因だとは思うけど。

個人的な立場で言えば、少なくとも自分の稼ぎだけで家庭を支えられるくらいになって、さらに育児をぞっこんでやってくれると言う人が現れない限りは結婚するつもりはない。子供のしつけ教育がおざなりになるようなら駄目だと思うのだ。
子供を作らないなら結婚は恋愛感情で何処で引っ張る??無理だろう。子は鎹(かずがい)と言うが、ある意味では共通の目標なので夫婦として歩くのには必要だろうと思ったり。趣味が合った人間なら友達以上の存在という意味で全然問題ないと思うけど・・・そんなやつおらへんやろー。

暇になると何か考えることが多いね・・・そういうのも良いけど。

 Posted by at 3:38 PM
6月 172008
 

どうもMovableTypeが4.2で大々的な変更をするとか言う話。テンプレートがぐちゃぐちゃなまま無理矢理MT4に乗り換えた経緯があるので、今回のアップデートはまともに耐えきれる気がしない。
・・・と言うわけで暇なうちにMT4に乗り換えておくことにしました。

とりあえず以下のような行程にて。

  1. MT4.01環境でエクスポート
  2. ルートからディレクトリ全部まっさらにして、MT4.2ベータを再インストール
  3. ユーザも作り直してインポート
  4. 画像フォルダは元の位置にコピー
  5. 個別エントリのファイルネームを「%y/%m/%d-%h%n.html」に変更
  6. StyleCatcherで適当にスタイルを選択
  7. 再構築

個別アーカイブのパーマリンクは絶対に変更したくなかったので、前からこうしていました。よって問題なし。
月別アーカイブは標準のままなので問題なし。
しかし・・・カテゴリアーカイブはカテゴリIDを使って命名したせいで、カテゴリ再構築で対応関係が完全に崩壊。現状は標準設定にしてありますが、これもまた気持ち悪いのでそのうち対策を講じることにします。

そして、カウンタとして導入していた dopvSTAR* も、エントリIDが変更になったために対応が完全に崩壊www
とりあえず再導入の目処は立っていません。カウンタ・・・別にいらねーかw

色々とウィジットいじってた分も無くなってしまったのでまた作り直しだ・・・。ふぅ。
結構大変です。

 Posted by at 1:43 AM