3月 272011
 

11022700.JPG

最近TLではDead Space 2こと石村2が密かに流行っている。といいつつも、その略称である「石村」が何を意味しているかも知らない状態で2を買うのもばからしいと思い1を買ってみました。

このDead Space、そのグロ描写により日本では発売されていません。ただ日本版Xbox360本体で問題なく動作するので、海外ダグを使ってゲームオンデマンドで買うか、海外版パッケージを買えばプレイできます。今回はメディアランドさんにで2980円で購入。

ちなみにダウンロードだと19.99ドルなのでダウンロードの方が安上がりです。

さて、その石村。昔のバイオハザードを彷彿とさせる感じがたまりません。最近のバイオハザードは画面が明るすぎて薄暗いなか足音を忍ばせて進むようなドキドキ感が無く買う気が起こらないんですよ。

そんなバイオハザードの恐怖と、超グロ描写、様々な特殊能力、自分のスタイルに合わせパワーアップ出来る装備パワーアップシステム。心臓が耐えうる範囲において夢中でプレイできること請け合いです。

11022701.JPG
11022702.JPG

難易度Normalで2周3周して大半の実績は取ってしまいたいところ。クリア後に出現する超難易度は無理かもしれないし・・・。

2月 262011
 

昨日買ってきたアイマス2、早速プレイ開始しました。
積みゲーは大量にあるけれど、アイマス2はちょくちょく進めようかと思ってます。

11022600.JPG

初回限定生産分はパッケージがきらきら印刷になっていて、中には社員証と生写真(風イラストカード)が入ってます。社員証にあるIDを使うと各種イベント等の予約なんかで有利になるとかなんとか。バンナム公式を参照する必要がありそう。

今回は3人プロデュースするシステムなので少し悩みました。真と雪歩は即決定したものの、もう一人をどうするか結構悩みました。ダンスの真、ビジュアルの雪歩と来たのでバランス的にはボーカル。千早さんにしようかな~とも思ったのですが、Twitterのお仲間ゆえさんのお勧めもあり春閣下こと春香に決定。こう並んでみると結構良い感じです。

11022601.JPG

前作のアイマスに比べてプロデュースのシステムがかなり自由度が増していて難しい感じ。オーディションだけでなくライブやフェスといったイベントが登場し、それぞれかかる費用やファンに対する影響も違う。地方と全国という地域の要素も入ったので全国区で人気を維持する難しさもプラス。最初は説明書をじっくり見ながらプレイすることになりそう。この辺りは悪くないと思う。

「3人いれば人間関係が不安定になることもある」というのは納得できる話ですが、少々強引にそういう状態を引き起こさせるシステムになっている点は少々疑問。ゲームにおける障害として無理矢理組み込まれた感が否めない。プロデューサー(プレイヤー)は常に彼女たちの笑顔を見ていたいと必死なのにそれをわざわざ阻もうとしなくても・・・。

まだ4ヶ月程度プロデュースしたところなので総評を言うにはまだ早い。私も3人と頑張ってみます。

2月 202011
 

この週末は主にXbox360版Steins;Gateの実績をコンプさせてました。

シュタゲは発売直後に買ったわけですが、フォーントリガー系の収集実績と、後日Windows版の発売と同時に配信された演出強化パックの実績250が残っていました。内容は簡単なので全スキップすれば1時間ほどで解除することも可能だったものの、1年数ヶ月ぶりプレイの新鮮味があったために結局8割の内容はスキップ無しで再プレイ。先週中からの4日程掛けて全解除となりました。

あらためてやってみて、やっぱり面白いと思うシュタゲ。4月に向けてアニメ化が進行しており、千代丸社長も納得の出来になるだろうとの事なので非常に楽しみです。

——–

日曜後半からはぎゃる☆がんのプレイ再開。

葵ステージの途中までやったところで止まっていたのでその続きをやり、薫子ステージを一通り。最初はただただ撃ちまくるばかりだった道中も、プロフィールコンプのため特定の女の子に狙いを定めるなど気にし始めたので少し楽しくなってきた。何よりドキドキモードが最高なんですけどね!

2巡してプロフィール+衣装コンプした女の子が1人しかいないという酷い状態に愕然としながらも、ちまちま集めれば何とかなりそうな気配も感じたので、他のゲームの合間合間に挟んで楽しみたい。

——–

来週はマスエフェクト2の1週目をクリアに向けて頑張りたいところ

1月 272011
 

今日は月末恒例のゲーム発売日。TwitterのTLでは「俺は○○と△△を買った!」と早速購入報告が上がってた。

私も「ドリームクラブZERO」と「ぎゃる☆がん」は既に予約済みだし、俺妹ポータブルも通販で頼んであった。問題は給料日が28日であるということ。最初は唇をかんで1日過ぎるのを我慢しようと思っていたけれど、TLを眺めているうちにこらえきれなくなり裏テクである金融機関前借りを炸裂させ、秋葉原で受け取ってきました。

11012700.jpg

写真には予約特典のテレホンカードを載せ忘れましたが、デスクマットの絵柄の方がかわいい!
ノノノちゃんぺろぺろ・・・いやいや、アイリちゃんが居たらもっと良かったんです!!

少しプレイしてみた感想。

ドリクラZEROは前回のいい部分は踏襲しつつ、もうちょっと膨らませたらいいのにと思われた部分を頑張ってる印象。ただ、噂ではかなり難易度も上がっているとのことで実績コンプしようとするとかなり苦労するようになったのかも。そもそもカラオケ応援が難易度上がりすぎて音ゲークラスタ・ガチ勢以外には無理ゲーな感じが・・・。
はやくアイリとバナナあーんゲームとかやりたいです!

ぎゃる☆がんはTGSでプレイした時よりもかなり身が付いていてびっくり。ADV風な部分もそれなりにあり、章ごとに異なるゲームが配置されていたりして結構ボリュームがある。ヤリコミ要素も全く問題ない。発想は相当バカなんだけどゲーム全体としてはかなりちゃんと作ってある感じでした。気になる点といえばキャラのモデリングかな。表情によっては線が潰れちゃってる感じで何か勿体なかった。

時間作ってドンドンやりこみたい!

11月 232010
 

タイトルでいきなりバレてますが、Kinect買っちゃった!!!!!

XBox360の新しい入力デバイスKinect。コントローラを持たずとも身振り手振りでゲームが出来てしまうと言う先進のデバイスです。Project
Natalと言われていた頃から話題にはなっていたものの、まさかこの自分が発売日に買うことになるとは予想してなかった。

10112300.JPG

買ってしまった理由の1つは発売日前日に見たMIDNIGHT LIVE
360。いつものメンバーがKinectタイトルを遊びまくる内容で、見てるだけで楽しい。特にダンエボことDance Evolutionは開発に携わったNAOKI
MAEDAさんよりジャム爺の方が秀逸なダンスを披露するなど大盛り上がり。その印象が一番強いでしょうか。

2つめの理由はやっぱりTwitterの影響。ただでさえフォローしてる人の1/3が箱○クラスタですからね。我慢するのが無理ってもんです。

ML360を見終わって、その流れのままヨドバシ秋葉の発売イベントに参加しようと思ったら朝起きられず華麗にスルー。夕方に錦糸町ヨドへ行ったらダンエボは売り切れていたものの、Kinectセンサーは売っていたのでゲット。ダンエボが売り切れていたと言うことは少なくともその分のセンサーまたは同梱版が売れたと言うことだから、箱○冷遇店とはいえそこそこ売れたのかも。

そのまま秋葉原へ行き、ソフマップAMでダンエボ購入。棚の残りもあまりなかったので他で買えなかった人が流れてそうな感じだった。

Kinectスポーツも面白そうだったけれど、ドタバタしなきゃならない種目も多くて卓球のためだけに買うというのもアレなのでしばらく様子見。接待ゲーとして1本持っておくのも良いかもしれない。

——–

Kinectの接続は新型XBox360なら楽々で、専用コネクタにケーブルを挿し込むだけで終わり。旧型の場合はUSBへの変換と電源を取るための専用アダプタケーブルが付属しているのでそれを利用すれば良い。その状態で起動すればKinect専用ソフトウェアのアップデートが始まる。

設置に関しては当初ディスプレイの上だったけれど、部屋の狭さから1.5m程しか距離が取れずあまりうまく認識しなかった。仕方ないのでフィギュア専用の棚に移動。かろうじて実用的な距離を確保出来た感じ。高さ的にも身長の半分程度が良いのかもしれない。

10112301.JPG

実際のゲームに関してはまた後日載せます。とにかく今はダンエボが楽しいです。